アメリカ留学への夢を 実現させる7ステップ

Posted By Judy on 09-12-2017 Categories - カテゴリーなし,

アメリカ留学への夢を 実現させる7ステップ

ご覧の皆さんへ,

この資料は、アメリカに留学するという夢を持った、全ての方のお手伝いをするために作られた留学準備の手引書です。一つ一つの手順に従って、アメリカ留学を実現させましょう。

これまでにたくさんの学生がこのような留学準備の手引書を使ってF-1 VISAを取得し、アメリカに留学するという夢を叶えています。ここでは、留学エージェントや資料請求にお金を払うことなく、簡単にVISAを取得できる方法をお伝えします。

もちろん、留学準備は皆さんがご自身で行うものです。

ですが、そのプロセスは思っていたより簡単ではないかもしれません。

実際に、かつて留学エージェントで働いていた友人から以下のような声を多く聞きました。「VISA取得のプロセスがこれほど単純なものだと知っていたら、もっと多くの留学生の支援を出来ていたと思います。」

幸い、皆さんは彼女と同じ失敗をする必要はありません。この手引書で説明している通りに準備を進めるだけで、留学準備は完了します。

それではこれから、皆さんにその手順を紹介します。

1.はじめに

 

まずは全体としての流れを掴みましょう。

全体の過程は複雑ではありませんが、それぞれの過程を行う前に全体の流れを掴んでおくと分かりやすいでしょう。

2.VISA申請の手順

では、早速VISA申請の手順を紹介していきます。

申請者によって状況が異なるので、自分自身の状況をしっかり把握し、それぞれのステップに対して十分な時間を確保しておきましょう。

(それぞれのタイムラインを見出しで紹介していきます。)

また、自分が入学する学校の開始日は正確にチェックしておきましょう。

日付が異なると、留学準備にも支障が出る恐れがあります。

3.相談が必要なときは

 

万が一、留学準備中に分からないことや相談したいことがある場合は、気兼ねなく私たちにご相談ください。30分以内であれば、学生アドバイザーが皆さんのお力になります。

これからの時間が皆さんにとって充実したものになることをお約束します。

こうしている間にも多くの学生が留学に向けて準備を始めています。

皆さんも今すぐ留学準備を開始しましょう。

今回VISA取得の手引書を作るにあたって、私の学校であるColumbia West Collegeを例に取り挙げています。皆さんのご理解に深く感謝いたします。

この手引書を使えば、アメリカ全土のどの学校にも入学申請をすることが出来ますが、皆さんが私の学校を選んでくださることを心より願っています。

何はともあれ、皆さんが英語を勉強し、自身の夢を実現させるお手伝いができることを心より嬉しく思います。皆さんにとって、この手引書が少しでも役に立ちますように。

皆さんとロサンゼルスでお会いできることを心待ちにしております。

Best Regards,

James Lee

PS 必要であれば以下のアドレスにご連絡ください。皆さんからのご連絡をお待ちしております。james@columbiawestcollege.edu

ステップ1

SEVP*のある学校に申請し、入学許可を得る
(*Student and Exchange Visitor programの略)

所要時間:

申請者の状況によってこのプロセスにかかる時間は異なります。学校探し、必要な書類の準備、アメリカの学校からの入学許可、I-20の取得に至るまでを、このステップで紹介します。

これをご覧になっている皆さんは、もちろんアメリカに来て英語の勉強をしたいと思っていますよね?あなたのその決断はとても素敵なものです。自信を持って準備を進めていきましょう。

英語というと、大抵の人がアメリカを思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし、同時に以下のような構図をイメージしてしまうはずです。

行きたい学校を探して申し込み、さらにF-1 VISAも申請して、大使館で面接を受け、そしてようやくアメリカへの切符を手に入れるという過程はとても長い道のりのように感じるかもしれません。しかし、この手順に従って準備を進めていけば、何も問題なくVISAを手に入れることができます。

以下が一番初めに行う準備です。

興味のある学校から、SEVPのある学校を探して入学許可を取得すること。

F-1VISA面接のために必要な資料を準備するために、SEVPプログラムのある学校に申し込みましょう。

SEVPプログラムがある学校一覧は以下のサイトからご覧になれます。


https://studyinthestates.dhs.gov/school-search

仮にColumbia West Collegeを例に挙げて考えてみましょう。

CWCの場合、まずは必要な書類と、-20を送るときに必要な手数料を一緒に送ってもらいます。その後こちらからI-20を送付します。

(必要な書類は学校によって多少異なることがあります。)

I-20って何?

I-20とは、非移住学生証明書、つまり一時的に勉強するためにアメリカに住む学生のための学生VISAのことです。

簡単に言うと、I-20(F-1)さえ持っていればアメリカに入国することができます。これはとても貴重な書類なので、取得した後は大切に保管してください。

この過程は今後の過程すべてに関わる非常に重要なカギとなります。

では、実際にCWCに申請する時に必要な書類を見てみましょう。

CWCからI-20を取得するために必要な書類のリスト

1.申込用紙 以下からその申込用紙を手に入れることが出来ます。

・オンライン: https://www.columbiawestcollege.edu/apply/online-application/

又は

・申込用紙をダウンロードして必要事項を全て記入し、以下のアドレスに送付してください。

info@columbiawestcollege.edu

2.卒業証明書(四年制大学又は、高等学校のもの)

*英語で書かれた証明書が好ましいですが、日本語でも可能です。

3.所得証明書 納税申告書と銀行明細書が記載されているものに限る

【注意事項】

申請前3カ月以内に取得したもので、以下の金額を満たしていることを確認してください。

3か月I-20の場合、$4,500以上

6か月I-20の場合、$9,000以上

12ヶ月I-20の場合、$18,000以上

もしあなたに扶養家族がいる場合は、それぞれに対して$3,000ずつ加算して下さい。(仮に、配偶者と二人の子供がいる場合、あなたの所得証明書に$9,000を加算する必要があります。)

万が一、あなた自身の銀行にお金がなかったとしても心配しないでください。

その場合は親や親類、友達の所得証明書を使うことが出来ます。

(その際、該当者に誓約書を書いてもらう必要があります。)

4.パスポートのコピー

最新のパスポートであること、学校の契約期間終了後、6か月分の有効期限があることを必ず確認してください。

*コピーを送付する際は、すべての文字がはっきりと読める状態であることを確認してください。

5.入学金と返信用の手数料の支払い

入学金と返信用の手数料が支払われたことを確認したら、こちらからすぐにI-20と学校のガイドブックを送付します。

・小切手等の手段を使ってお支払いが可能です。

https://www.columbiawestcollege.edu/payment/

・又は、オンラインでのカード払いも可能です。

https://www.columbiawestcollege.edu/onlinepayment/

学校によってはわずかに手順が違う可能性もありますが、ほとんどはこれと同様です。

あなたの入学が許可されたら、こちらからあなた宛てにFedExI-20と学校のガイドブックを送付しますが、この過程には1~2週間ほどかかります。

ステップ1が終わるのを待たずに次のステップに進みましょう。

ステップ2 

F-1学生VISAの申請

所要時間:最大1日

以下の手順はすぐに終わるのでどんどん進めていきましょう。

このステップでは3つの手順があります。

SEVIS I-901の支払い

支払いを済ませたらSEVISStudent and Exchange Visitor Information System)に入会することが出来ます。

費用は約$200です。以下に簡単なSEVIS説明ビデオのURLを記載するので、ご覧になってみてください。

https://studyinthestates.dhs.gov/i-901-sevis-fee-payment-tutorial

SEVISって何?

SEVISとは、Student and Exchange Visitor Information Systemの略で、米国政府が留学生の正確な情報を管理するために使っているインターネット上のシステムのことです。

CWCではあなたの代わりに費用を立て替えることもできます。

  • VISA申込用紙に記入する(DS-160用紙)

申込用紙は以下のURLから手に入れることが出来ます。

記入を完了するまでには15分~40分しかかからないので、この過程はすぐに終わらせることが出来るでしょう。

https://ceac.state.gov/genniv/.

記入自体は簡単に終わらせることが出来ますが、事前に準備してほしいものがあるので、以下で紹介します。

VISA申込用紙チェックリスト

*指定の条件を満たしたデジタルの顔写真(以下のURL参考)

*面接を受ける場所の指定

*申し込みを完了させるために、ネットワーク環境の安定した場所で行うこと。

*パスポート情報(名前、誕生日、発行日・失効日、パスポートナンバー等)

*家族の情報(名前、職業、住所、収入等)

*アメリカでの滞在先住所

*アメリカにいる知り合いの名前(該当者がいる場合のみ)

*最近の渡米記録(該当者のみ)

DS-160に関しての疑問がある場合は、以下のサイトをご覧ください。

https://travel.state.gov/content/visas/en/forms/ds-160–online-nonimmigrant-visa-application/frequently-asked-questions.html

  • VISA申請費用の支払い(返金不可)

以下のアドレスから自分の国を選択して支払いを完了してください。

現在の費用は$160です。(変動の可能性あり)

www.usembassy.gov

これで、ステップ2は完了です。

ここまでは大丈夫ですか?

では、ステップ3に進みましょう。

ステップ3 

VISA面接日の日程を確定する

所要時間:

国によって異なりますが、平均して2~3週間でこの過程は完了します。

面接そのものは数日で終わりますが、面接実施日は月に1,2回しかないので日程の調整には十分に注意しましょう。早めに面接日を確定し、予約しておくことをお勧めします。

面接日の詳細と待ち時間に関しては、以下のURLからご覧いただけます。

http://travel.state.gov/content/visas/english/general/wait-times.html.

以下のサイトから自分の国を選択し、面接日の日程を確認してください。

自分の日程と調整しながら、面接日の予約をしましょう。

www.usembassy.gov

学校が始まる120日以内にF-1学生VISAを申し込むことを忘れないようにしてください。

面接日の予約が完了したら、ステップ3はおしまいです。

ステップ4に進みましょう。

ステップ4 

VISA面接の準備(面接対策)

所得時間

個人差がありますが、面接に向けての準備はきちんと行いましょう。準備をしすぎる必要はありませんが、1~2週間程度で面接の対策を行うのがお勧めです。

面接対策は留学生にとって最もなじみのあるものですが、それと同時に最も頭を悩ませるものでもあります。

以下に面接対策のコツをお伝えします。

面接対策というと、以下のような質問が浮かんでくるのではないでしょうか?

「何を聞かれるのだろう?」

「注意すべき質問はあるのか」

「避けた方がいいトピックはあるのか」

「何を着ていったらいいのだろう?」

「面接にはどれくらいの時間がかかるのか」

「最初の審査で受理されなかったら次はどうしたらいいのだろう」

他にもいろいろな質問を想定すると思いますが、

以下で皆さんのために簡単な面接対策のコツを紹介します。

VISAが受理されない事例などに興味のある方は、私が作った以下の文章をご覧になって詳細を確認して下さい。

“The Top 7 Reasons Why F-1 Visa Applications Get Rejected… And How You Can Avoid Them!”

まずは、準備した資料がすべて正確な情報で作成されていることを確認してください。また、面接に必要な資料の一覧に関しては以下のチェックリストを確認してください。

VISA面接資料のチェックリスト

* 面接日の記された資料のコピー


*
最新のパスポート(パスポートの有効期限が学校の終了日から6か月以上残っていることを確認してください。)


*I-20
の資料


*CWC
から送られてくる入学許可書


*I-901
の支払い完了を確認できる資料


*DS-160
の申込用紙(バーコードが付いているページがあることを確認する)


*VISA
申請費用の支払い完了を確認できる資料


*
所得証明書


*
アメリカでの滞在が完了したら帰国することを証明できるもの


*
卒業証明書(アメリカの一部の地域で要求されます)


*
最近6カ月以内に撮影された証明写真

全ての資料が準備できたら、実際に面接を受けに行きましょう。

実際の面接と事前に用意された資料では、面接が約80%の比重を占めます。(資料の比重は20%程度です。)

面接の対策をきちんと済ませておきましょう。

必要な資料はすべて準備されましたが、面接官がYESと言うかNOと言うかはまだわかりません。以下に、面接対策のポイントを6つ紹介します。


A. 外交関係

最も大切なことの一つとして、面接官はあなたの国とアメリカの外交関係を重視します。F-1VISAの場合、確実に日本に帰国する見込みのある人のみが入国を許可されます。人によって状況は違いますが、日本に帰国することを証明できるようにしておきましょう。以下に例を挙げておきます。

・企業の採用通知

・学校、大学への復学

・家やアパートの所有

・家族とのつながり

・その他、自分の国との深い結びつき

B. 面接の回答は正直に、嘘をつかないこと

もしあなたの家族がアメリカにいるかどうかを聞かれた場合、あなたならなんと返事をしますか?正直に真実を話しましょう。英語の勉強をする目的を聞かれた場合も、嘘をつかずにあなたの想いを正直に話しましょう。

C. アメリカで働く意思が全くないことを証明する

如何なる状況下であってもアメリカで働くつもりがないと伝えましょう。

F-1 VISAを持つ学生がアメリカで働くことは違法です。

これは面接において最も危険な質問です。この質問をされたらはっきりNOと答えましょう。

D. 質問の回答は簡潔に分かりやすく

長々と回答することを避けましょう。面接官に聞かれていないことまで伝える必要貼りません。また、一言のみの回答も避けましょう。回答の秘訣は簡潔に、且つ要点を付いていることです。あとは練習するのみです。面接を軽視しないようにしましょう。練習を積み重ねることで自身にもつながりますし、回答のコツが掴めてくるはずです。

E. あなたの将来と英語の結びつき

英語を勉強しにいく理由をはっきりと答えられなかった場合、面接官はあなたの渡米目的を単なるアメリカ生活への憧れか働く意思があると捉えます。あなたのこれからの将来と英語の勉強にどのような結びつきがあるかをはっきり説明することによって、面接官は快くあなたをアメリカに送り出してくれるでしょう。

F. 第一印象とボディランゲージの重要性

面接官は一日に何十人もの面接を行います。一回の面接にかかる時間はほんの数分のみなので、第一印象には十分気を配りましょう。笑顔を忘れずに前向きな気持ちで面接に臨み、可能な限り面接官の目を見て話すようにしましょう。面接当日の服装に関しては、カジュアルで清潔感のあるものを選びましょう。

申請が拒否される理由はこの資料で述べた通りたくさんありますが、この7つのコツさえ覚えておけば、あなたは疑いなく面接を合格できるでしょう。

もし近日中に面接を控えており、面接の練習をしたい場合などは、気兼ねなく学校に連絡してきてください。学生カウンセラーが面接官になって、あなたの面接のお手伝いをします。

では、ステップ5に移りましょう。

ステップ5 

VISA受理!

所要時間
VISA
の受理自体は数分で完了しますが、その後の準備の所要時間は個人によって異なります。

遂にVISA申請が受理されました。

航空券を予約して、アメリカへの旅に備えましょう。

あなたが上述されているプロセスに則って準備を進めていれば、面接官は必ずあなたのVISAを受理しているはずです。

そうです、ステップ5はあなたのVISAが受理されたことを確認するものです。

おめでとうございます!あなたはアメリカ留学する資格を手に入れたのです。

学生カウンセラーがあなたとの相談の上、最適な学校のエリアをご紹介します。

同時に、アメリカ大使館があなたのパスポートにアメリカVISAを追加します。返却日は大使館より案内があるので、指定の日にパスポートを取りに行きましょう。

また、このタイミングであなたがこれから通う予定の学校に学費の支払いを行いましょう。

あなたがこれから通う学校がCWCである場合、以下のサイトより支払いを完了してください。

https://www.columbiawestcollege.edu/onlinepayment/

また、このタイミングでアメリカでの滞在先も確保しましょう。

これ以降であなたがするべきことは、既に滞在先の確保のみです。

加えて、あなたの移動手段も確保しておきましょう。航空券の予約はもちろん、空港から学校(又はあなたの滞在先)までの移動手段も確実に準備しておきましょう。

また、CWCでは授業が始まる前に事前オリエンテーションを行っているので、特別な理由がない限りは参加するようにしてください。

万が一、VISAの申請が拒否された場合も、学校に連絡してきてください。

過去に23度拒否された後、4回目で受託された事例もあります。

一度拒否されたからといって諦める必要はありません。

何度でも挑戦して、あなたの夢を叶えましょう。

では次のステップに進みましょう。

もう少しでおしまいです!

ステップ6 

アメリカにようこそ!

所要時間
税関を通過するまでに約12時間かかります。

ここまでで最も難しいステップは既に完了しています。

これまでのプロセスを要約すると、

Step #1

学校に申し込み、学校からI-20資料の送付

Step #2

F-1 VISAを取得するための準備

Step #3

VISA面接日の調整

Step #4

VISA面接の事前準備、ネイティブスピーカーとの面接のリハーサル

Step #5

VISA面接通過、F-1 VISAの取得

そして以下が最後のステップ、ステップ6です。

ここまでで、家族に近況の報告、航空券の予約、滞在先の確保、移動手段の確保など必要なことはすべて完了していますね?

残るは、アメリカ行きの飛行機に搭乗することだけです。

*学校の授業が始まる30日前以内に入国することを忘れないでください。

長らくお待たせしました、ようやく搭乗の時間がきました。

搭乗する前に以下の持ち物が手元にあることを確認しましょう。

F-1 VISAが付いているパスポート

I-20の資料

I-901の支払いが確認できる領収書

CWCからの通学許可書

・残高証明

全ての資料を事前に一つのフォルダにまとめておきましょう。

万が一、なんらかの事情でアメリカに入国できなかった場合は、以下の学校の番号に連絡をください。全力でサポート致します。

しかし心配無用です。この過程で問題が生じることはほとんどありません。

(213) 368-3900

ステップ7 

学校のオリエンテーションに参加

所要時間:約3時間

このタイミングで、あなたのアメリカでの滞在先を確認しておきましょう。

休憩やロサンゼルス市内の観光に時間を充てるのもよいでしょう。

そして、学校の新入生オリエンテーションに参加しましょう。

オリエンテーションは、大抵の場合新学期初めの1週前の火曜日に行われますが、学校の行事カレンダーで事前に確認しておきましょう。

オリエンテーションに参加するにあたって、皆さんに知っておいてもらいたいことを紹介します。

まずは当日の持ち物について。

I-20の資料

F-1 VISAが付いているパスポート

・アメリカでの滞在先の住所

・学費の支払い(みばらいであればその日に支払うことも可能)

学校に到着したら、受付にいる学校のスタッフに声をかけてください。

新入生オリエンテーションは以下の3つのパートから構成されています。

1.オリエンテーション

オリエンテーションでは、学校が設立された歴史や学校の方針、学校で開催される年間行事、提携大学への編入など、この学校に関する情報を全て説明します。

2.レベル決めテスト

オリエンテーションが終わってから、皆さんには簡単なテストを受けてもらいます。このテストは皆さんにあったレベルを決めるのにとても重要なものです。

どのプログラムを取るにしても、このテストは必ず受けてもらいます。

テストは学校内のコンピューター室で受けて貰います。

テストは1時間以内で終わります。

テストを受験し終わったら、次の段階に進みます。

3.学生登録

必要な書類の記入から学費の支払い、駐車場のチケット購入や地下鉄(又はバス)定期購入にいたるまでを行います。

また、銀行口座の開設や携帯の購入、定期購入などのお手伝いをすることも可能です。ロサンゼルスでの生活に関して困ったことや質問があれば、気軽に学校のスタッフに相談してください。

*もし、授業開始日やオリエンテーション開催日よりも早くに入国することができる場合は、レベル決めテストを事前に受験しに学校に来ることをお勧めします。

当日はたくさんの新入生が学校に来るため、スタッフは普段よりも忙しいですし、なによりもその時間を友達づくりの時間に充てることができます。

事前にやるべきことを済ませておくのは如何なる場合もあなたの助けになります。

授業を受けるのも、もうすぐ間近に迫ってきています。

これで正式にあなたもColumbia West Collegeの学生の一員です。

皆さんへの説明を終える前に、もう一つだけお話ししておきたいことがあります。

おしまいに

前にも述べた通り、この資料はロサンゼルスで英語の勉強をしたいと思っている人のためだけに作られたものです。

このプロセスを経て、夢を叶えに来る準備はできていますか?

幸いなことにこのプロセスはとても簡単で、この資料ひとつですべてを完了することが出来ます。あなたは既に夢を叶える段階にいるのです!

もちろん、状況に応じて違いはあるかもしれませんが、この資料で十分すぎるほどの情報を手に入れられたはずです。

しかし、まだまだ気になることがあると思うので、

個人的な質問に関しては気兼ねなく学生アドバイザーに聞いてください。

また、あなたのご両親も気になることや質問をたくさんお持ちだと思います。

渡米を決定する前に、私たちが提供しているサービスをぜひ利用してみてください。30分間の無料カウンセリングを受けることが出来ます。

ひとつひとつの質問に丁寧にお答えするので、LA留学に対しての不安や疑問をすべてここで解消することが出来るでしょう。

30分の無料カウンセラーで聞けることの内容例を以下に挙げます。

  • この資料に記載されている7つのステップを実行するお手伝いをします。さらに、学生アドバイザーがあなたの現在の状況に応じて準備の進め方をお伝えします。
  • 申請に失敗してビザ申し込みが拒否されてしまう主な原因7つを紹介します。
  • 面接官の質問の意図を詳しく説明し、実際に学生カウンセラーが面接官になって、当日の面接の練習をします。
  • 渡航準備にかかる費用を節約する方法を紹介します。この情報を知っているだけで、相当額を節約することが出来ます。
  • この資料を読んでいる人限定の割引キャンペーンの紹介をします。

この資料に目を通してくれた方限定でColumbia West Collegeから奨学金を配布します。つまり、あなたは奨学金を手に入れる資格を手にしています。

このようにしてあなたは成功への道を歩むことが出来ます。

失うものは何もありません。一方で、手に入れるものは数知れずです。

海外での留学経験、ロサンゼルスでの生活、英語力の向上、あなたが求めるものを全てここで手に入れることが出来るのです。

ここまで読み進めてくれたあなたこそ、私たちがこの学校に求める学生です。

あなたの情熱、勇気、決断を私たちは大歓迎します。

以下のメールアドレス宛にあなたの現在の状況が分かる内容を送信してください。質問がある際もお気軽にご連絡ください。

メールを頂いた後、アメリカと日本の時差を考慮して、30分の無料カウンセラーの日程を調整させて頂きます。

意志が決まった今こそ、私たちに連絡を下さい。

後回しにしてしまうと、アメリカへの夢が遠のいてしまうかもしれません。

学生カウンセラーの都合を考慮した上で日程調整を行うこと、さらに奨学金が少数の学生のみに付与されることから、早めの行動をお勧めします。

近い将来、この学校で皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

何はともあれ、皆さんの将来が光り輝くものでありますように。

Best Regards,

James Lee

Chief Marketing Officer/Co-Owner
Columbia West College

info@columbiawestcollege.edu

Share Post:
FacebookTwitterShare
Share:
  • Logo
  • Logo